くろっきーぶっく 

 ~ クロッキーのブログ絵日記 ~              < たまに更新します > 
■ ■ ■ 次回公演 ■ ■ ■
 
ぬいぐるみハンター
 
『 ゴリラと最終バス 』
 
2013. 1/7 ~ 1/14
@駅前劇場(下北沢)
 






  top  

//  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

//  猫

いつも通る駅前にいる猫。
三毛猫で、昔飼っていた猫に似ているなーと思ってた。

きょう何気なく近づいて「ぽぽんちゃん」と言ってさわってみた。

昔飼っていた猫「ぽっぽ」のニックネームである。

「ぽっぽ」には、他にも、ぽっぽこ・ぽっぽこなー・ぽこにゃん・ぽこすけ・・・等のニックネームがあり、実名で呼ばれる事は滅多になかった。

彼女は、我が家で飼っていた歴代の猫達の中でも、最も従順で頭も性格も良く、苦楽と成長を共に歩んだ思い出深い猫だ。思い出深すぎて、それ以来、我が家では猫を飼ってない。
その猫と似ていた。(ちょっとだけ。)

意外にも、とってもなついてくる猫であった。
道端の猫にはいつも逃げられるのだ、私は。 たいていの犬猫には拒否されるはずなのにその猫は、とても良い性格をしているのかただのアホなのかたまたま私と気が合ったのかは分からないが、すり寄って来た。にゃーにゃー言いながらすりすり寄って来たのだ。

かぁわいぃ~~~(嬉)

顔はちょっとブーちゃんなのだが、見れば見るほど可愛く思えた。
名前を知らないので、「ぽぽんちゃん」と呼んだ。(小声で。)

それで帰り道に思い出したが、そういえば、わたしの従兄弟の叔父さんは、従兄弟達に、「ぽぽおんちゃん」と呼ばれていた。

物心ついた頃から皆がそう呼んでいたので特に疑問にも思わず、「ぽぽんちゃん」と「ぽぽおんちゃん」が似ていることについては、気づかないようにしていた。
そして、そこは誰もふれないポイントだった。はずなのだが、きょう、初めて、ひどく違和感をおぼえた。

ぽぽおんちゃん・・・。
本当はいったいなんて名前の叔父さんだったのだろうか。





これは猫のみいら。
エジプト考古学博物館にて。
猫好きの母は博物館でこれをみつけたときも、「ねこだぁw」と、目を細めてた。
ちょっと衝撃的でもあるので、写真は小さめ。。


猫のミイラ






スポンサーサイト

コメント

  •    url   
  •    パス  
  • 管理者にだけ表示を許可する
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。